ポイントタウンは安全?危険性はないの?

【読むのにかかる時間:約 10 分 33 秒】

ポイントタウンは、有名なGMOグループの企業が運営しているポイントサイト(お小遣いサイト)です。

広告利用からゲームまで、稼げるコンテンツが非常に多いポイントサイトと言えますが、これから始める方にとっては「本当に安全に利用できるのか?」という点が非常に気になるのではないでしょうか?

当ページで安全性の検証をして参りましたので、気になる方はご一読ください。

安全・危険を判断するための検証項目

当サイトでは、以下の8項目をポイントタウンの安全・危険性判断に使います。

  • 運営会社がまともか
  • セキュリティーは安全か
  • 個人情報保護はしっかりしているか
  • ポイントの最低換金額は高くないか
  • ポイントの有効期限が極端に短かすぎないか
  • 退会ページが巧妙に隠されていないか
  • その他悪質な点はないか
  • 詐欺などなくしっかり換金できるか←特に重要

以上8項目を、これでもかというくらい詳しく検証します。

お金を稼ぐサイトですので、こういう点はいくら慎重になってもなりすぎということはありません。

当ページを読んで、しっかり安全だと納得した上でポイントタウンを利用するようにしてください。

ポイントタウンの運営会社は安全?

運営会社GMOメディア株式会社(上場企業)
設立日2000年10月13日
住所東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
資本金7億6197万円
従業員数154人(2016年4月1日時点)
市場情報東証マザーズ
加盟団体・日本インターネットポイント協議会(JIPC)
・日本インタラクティブ広告協会(JIAA)
・モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)
・日本ブロックチェーン協会

安全かどうかを判断する上で重要な、運営会社の情報から見ていきましょう。

上の表に記載しているとおり、ポイントタウンの運営であるGMOメディア株式会社は東証マザーズ上場企業です。

ポイントタウンの株価チャートです。

マザーズ上場企業が運営しているポイントサイトは他にモッピーやげん玉くらいのもので、ポイントサイトの運営会社としては業界最大級です。

ただ、東証1部や東証2部は多くの人に知られていますが、ポイントタウンが上場している東証マザーズという市場は聞いたことがない方も結構多いのではないでしょうか?

東証マザーズとは、設立からそれほど経っていない新興企業向けの市場です。

そして上場するための審査も、東証1部、2部ほどは厳しくありません。

厳しくないとは言っても、あくまで1部、2部に比べたらというだけの話で、もちろん詐欺サイトを運営している会社が審査に通ることはありません。

ですからこの点では、ポイントタウンに危険性は一切見当たりません。安全だと言えるでしょう。

そしてさらに、ポイントタウンの運営元の「GMOメディア株式会社」は、GMOインターネットのグループ企業です。

GMOインターネットは東証1部上場企業です。

そのグループ企業がポイントタウンを運営してるということで、安心感もさらに高まります。そんな企業が悪質行為を働くわけがありません。

また、資本金も7億円以上と、ポイントサイトの中でも抜群に多いです。

いきなり倒産して貯めたポイントが無くなる、という危険性も極めて低く、運営会社自体の安全性は非常に高いと評価できます。

セキュリティやプライバシー管理に危険性はないか

SSL(通信の暗号化)TLS 1.2
プライバシーマーク(個人情報保護)
JIPC(日本インターネットポイント協議会)理事を務めている
迷惑メールなし
登録情報ニックネーム
メールアドレス
パスワード
性別
郵便番号
都道府県
生年月日

「セキュリティーとかわからないし別に気にしない」という方もいるとは思いますが、安全なポイントサイトかどうかをチェックする際にはセキュリティーも重要です。

セキュリティーを疎かにしているポイントサイトに登録してしまうと、万が一のとき個人情報から口座情報まで流出してしまう可能性があるので注意してください。

また、プライバシー管理(個人情報保護)に関しては言うまでもなく、安全性に大きく関わります。

では、さっそくポイントタウンのセキュリティと個人情報管理を見ていきましょう。

SSL/TLSは最新のものを使用している

SSLとは?
SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で通信を暗号化する技術です。

ログインの際や、ポイント交換の際に通信データが暗号化されるため、大切な情報が抜き取られるのを防止して安全性を高めます。

参考:SSLとTLSって何?

SSLというのは聞いたことがある方も多いと思いますが、実はSSLの最新版であるSSL3.0には脆弱性が存在し、通信データの一部が漏洩する危険性が発見されました。

そこで登場したのが、発見された脆弱性を改善させた、より安全なバージョンアップ版ともいえるTLS(Transport Layer Security)です。

ポイントタウンが導入しているのは、このTLSの最新版である「TLS 1.2」になります。

ポイントタウンはTLS1.2を利用している。

ポイントタウンでのSSL(TLS 1.2)は、ログインページ、秘密の質問ページ、換金ページ、問い合わせフォームに見られます。

安全な接続と記載されている。

このように、大事な情報を入力する際、しっかりと暗号化して通信されているので安全です。

また、換金をする際には自分で設定した「秘密の質問」の答えを入力する必要があるため、もし誰かにパスワードを盗み取られたという事態になったとしても、自分以外が換金することはできません。

以上の点から、セキュリティ面での危険はないと言えるでしょう。

プライバシーマーク取得により個人情報の扱いも安全に

プライバシーマークとは?
個人情報を適切に保護している企業の証です。

このマークを取得すると、年に一度の内部監査や、従業員への個人情報保護教育をおこなう必要があります。

参考:プライバシーマークって何?

ポイントタウンはプライバシーマークを取得しているので、個人情報の扱いもバッチリです。

プライバシーマークを取得している企業は、個人情報保護を適切に扱う必要があります。

ですからポイントタウンでは、迷惑メール、身に覚えのない架空請求、勝手に変なサイトに登録される、などといったことは絶対にありません。

私自身、ポイントタウンを利用していて迷惑メールが来たことは一度もありません。GMOほどの大きな企業が他のところにメールアドレスを流すわけがありませんからね。

ちなみにポイントタウンは、こんな約束までしてくれています。

ポイントタウンの3つの約束

プライバシー保護、不正撲滅、個人情報保護の、安全性を高める上で重要な3項目ですね。

セキュリティや個人情報保護の面でも、ポイントタウンは相当力を入れていることがうかがえます。

ポイントタウンはJIPCの理事

JIPCとは?
JIPC(日本インターネットポイント協議会)とは、ポイントサイトの健全化に努めている団体です。

小規模のポイントサイトや詐欺サイトなどは、この協議会に加入できません。

参考:JIPCって何?

ポイントタウンはJIPCに加入しているため(理事も務めています)、いきなりサービスが終了して「今まで貯めたポイントがー!」という悲惨な事態に陥ることもありません。

JIPCの規定では、最低でもサービス終了1ヶ月前には確実にユーザーに通達しなければならない決まりとなっていますからね。

ですから仮にサイト閉鎖という事態になったとしても、ユーザーには貯めたポイントを換金する1ヶ月間以上の猶予が与えられるわけです。

と、このようにしっかりとユーザーのことを考えた、安全なポイントサイトだということがわかります。

登録に必要な情報について

  • ニックネーム
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 性別
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 生年月日
  • 電話番号

これらが登録に必要です。
一見多く見えますが、本名や詳しい住所は登録に必要ありません。

ただし、登録時に電話番号の入力が必要になります(人と話すことはありません)

これはなりすまし防止のためであり、決して収集した電話番号を不正に使用したりする目的ではありません。

一人で何個もアカウントを作る人が出てくるため、そのための措置です。

例えばこの本人確認がないと、一人で何十個もアカウントを作り、その大量のアカウントで同じ広告を何度も利用するという不正行為が可能になってしまいます。

ですから最近のポイントサイトでは、換金時にこの本人確認をするのは当たり前になってきています。

また、携帯番号で本人の認証をするのは、安全面においてもプラスに働きます。

ポイントタウンの最低換金額は高すぎないか

最低換金額というのは、この額までポイントを貯めないと換金できません、というラインです。このラインが高く設定されていると、もうそれだけで安全とは無縁のサイトと判断できてしまいます。

そういう危険性の高いサイトを利用すると、「頑張ってポイントを貯めたのに、結局最低換金額に届かなくて1円にもならなかった」という事態になりかねません。

逆に言えば、最低換金額が低いことは安全で良質なポイントサイトの証になります。

さて、ポイントタウンの最低換金額ですが、これは軒並み低く設定されています。

楽天銀行ではなんと100円から換金可能!

普通はどんなに低くても300円からなので、これはお小遣いサイトの中でも断トツの低さと言えるでしょう。最低換金額が低ければ低いほど換金がしやすくなるため、ユーザーにとっては非常に嬉しいですね。

普通のポイントサイトでは何件か案件をこなし、最低換金額に届いたら換金するというのが一般的なスタイルです。しかしポイントタウンは最低換金額が低いため、1件こなしたらすぐに換金、といったことすらも出来たりします。

ポイントタウンは全交換先の交換手数料が無料

また、交換手数料もすべて無料(振込手数料はポイントタウン持ち)なので、少し貯まったらすぐ振込申請して現金にすることが可能です。

ポイント有効期限が短すぎないか

一般的にポイントサイトの有効期限は180日間(おおよそ半年)に設定されています。

これよりも短いと決して安全とは言えません。数ヶ月放置しただけで今まで頑張って貯めてきたポイントが全て失効してしまうので、180日未満のサイトは利用者にとって安全とは言いがたいでしょう。

悪質・詐欺ポイントサイトの見分け方で紹介したように、そもそも有効期限が短いサイトには詐欺サイトが多い点にも注意してください。

さて、ポイントタウンのpt有効期限についてですが、12ヶ月(1年間)となっています。

1年間ポイント獲得がなければポイントを失いますが、ここまで有効期限が長ければ失効の危険性はかなり低くなります。

代表的なものを挙げると、有名なTポイントなんかもポイントタウンとまったく同じシステムですね。

最後にポイントを獲得した日から数えて1年間が有効期限ですので、例えば11ヶ月間ポイントタウンを放置していて失効まであと1ヶ月しかないという場合でも、またポイントを獲得すれば失効までの期限はリセットされて、再び12ヶ月間に戻ります。

非常に安全なシステムだと言えるでしょう。

退会方法はわかりやすいか

怪しいポイントサイトや、詐欺行為を行っているポイントサイトでは、退会ページが巧妙に隠されなかなか退会させてくれないことが良くあります。

退会方法がわかりやすいサイトは、それだけで確実に安全だとは言わないまでも、悪質サイトである可能性は低くなります。

ポイントタウンでは、下図のように退会ページは隠されていません。

退会はこちらボタンがあります。

このような点からもポイントタウンの安全性の高さがうかがえます。

ポイントタウンの退会方法でも解説しているので、どうしてもわからない場合はこちらを参考にしてください。

その他、安全性・危険性チェック

安全性にプラスな点を調査していきます。

メールマガジンは停止できる

ポイントタウンのメールマガジンは量が多く一部では鬱陶しいと言われていますが、実は登録時にメルマガ受信設定の項目がしっかりとあります。

登録時にメールマガジンを拒否することができます。

ポイントタウンに登録する際には、このチェックを外して、メールマガジンを受信しないようにした方が良いでしょう。

チェックしたまま登録してしまった場合や、GMOポイント通信からメールが来る場合は、ログイン後、ポイントタウンのメールマガジン停止方法のやり方で簡単に受信停止設定ができます。

メルマガが来ないとはいっても、できれば携帯アドレスではなく、GmailやYahoo!メール等のフリーメールアドレスで登録することをおすすめします。

携帯アドレスで登録したいという方は、「pointmail.com」のドメインを受信できるようしておいてください。

サポートの返信が丁寧&早い

悪質・詐欺サイトでは、問い合わせても一切返信がなかったりするので、これも安全なサイトの基準の一つになります。

ポイントタウンではメールで問い合わせると、数日以内に返信が来ます。ポイントタウンのサポート対応の良さはネット上でも評判です。

迷惑メール・勧誘電話などもない

安全なサイトでは、迷惑メールや勧誘電話が来ることは当然ありません。

もちろん、私がポイントタウンを利用していても一度もありませんし、そういう口コミも聞きません。

ポイントタウンの登録時に電話番号の入力が必要ですが、それはあくまで二重登録を防ぐ目的ですので、決して勧誘電話が来ることはありません。

また、詳しい住所の入力も不要ですから、ダイレクトメールなどが届く心配もありません。

ポイントタウンで安全に換金できるのかを検証してみる

最後に、ポイントタウンで安全に換金できるのかを検証します。

ポイントタウンで広告利用をおこなってポイントを貯め、それから現金に交換してみます。

ちゃんとポイントが貯まるのかを検証

今回は広告利用、とりわけ他のポイントサイトでは成果拒否になることも少なくない「ショッピング案件」を利用してみましょう。

ショッピング案件とは?
ネットで買い物をするときにポイントサイトを経由して購入すると、商品代金の数%が報酬として貰えます。これをショッピング案件と言います。

今回の検証では、Yahoo!ショッピングを利用することにしました。

まずはポイントタウンを経由して、Yahoo!ショッピングへと飛びます。

Yahoo!関連サービスのボタンがあります。

ポイントタウンのショッピング案件は数千店もの膨大な量がありますが、Yahoo!ショッピングは定番ショップコーナーに並んでいるのですぐに見つかりました。

ポイントタウンを経由してYahoo!ショッピングを利用すると1%還元される。

「サイトへ」をクリックして、Yahoo!ショッピングへ移動します。これで経由したことになりました。

このまま買い物をすれば、ポイントタウンでのポイント、Yahoo!でのTポイント、さらにクレジットカードと、3重のポイントが付くはずです。

さて、Yahoo!ショッピングに移動したら、さっそく購入する商品を選びます。私が選んだのはこちら。

ビオスリーHi錠

長年愛用しているビオスリーHi錠。さらに他にも欲しかったものを数点カートへ放り込んで、そのままお会計をします。

会計が済んでから少しすると、ポイントタウンのポイント通帳に記載されました。

承認待ちの状態です。

しかし、まだ承認待ちの状態ですね。今はまだ予定付与ポイントとして表示されています。

そして数日後、商品が届きました。こちらが実際に届いた商品の写真。

ビオスリーHi錠

商品が届いたあと、しばらく経ってからポイントタウンを覗いてみると・・・

承認済みマークが付いています。

承認済みになってる!

Yahoo!ショッピングを利用したポイントを獲得

ポイント獲得履歴でも、しっかりとポイントが付いていました!これですぐに換金可能です!

※上の画像で「Yahoo!ショッピング」の記載が2つがあるのは、他にも商品を購入したためです。

ちなみにですが、ポイントタウンには「お買い物保証制度」という便利な制度があります。

ポイントタウンのお買い物保証制度

ポイントタウン経由でお買い物をして、予定付与ポイントに表示されているのに、 反映期間を過ぎてもポイントが加算されていない場合、お買い物のポイントをポイントタウンが保証いたします。

と、こういう制度です。かなり安全性を高めてくれる嬉しい制度ですね。

他のポイントサイトでは、たまに案件が受理されずにポイントが付かないこともあるのですが、ポイントタウンなら仮にポイントが付かなかった場合でも「お買い物保証制度」があるので安心して利用できます。

ポイントタウンから銀行口座に振り込んでもらう

先ほどのショッピング利用で得たポイントや、私が今まで貯めてきた分のポイントを合わせて、銀行口座へと振り込んでもらいます。

銀行口座への現金振込以外にも、AmazonギフトやANAマイル、JALマイレージなどに交換するのでもOKですが、どれも手数料無料なのでやはり現金が一番おすすめです。

ポイントタウンではどの銀行でも手数料無料なのでどこでも良いのですが、今回はジャパンネット銀行を利用しました。

さっそく今まで貯めに貯め込んできたポイント(5万円以上貯まってます)を全額換金申請すると、ポイントタウン事務局からこのようなメールが届きました。

ジャパンネット銀行交換受付メール

これで交換申請はできたわけですが、危険性の高いサイトだとここからが結構長かったりします。逆に安全なポイントサイトなら翌日~3日くらいで振り込んでくれたりするのですが。

それから数時間後、ふとメールを覗くと……

ジャパンネット銀行からの振込連絡メール

えっ、もう振り込まれてる? まだ申請してから3、4時間しか経ってないのに……

さっそく口座にログインして、取引明細を見てみます。

ポイントタウンからの振込が確認できます。

ちゃんと振り込まれていました。

今回は、午前中に振込申請をして、その日の15:00頃にポイントタウンからの入金がありました。驚異的な早さ、と言っていいでしょうね。

また、他に換金をしたときも、午前中に申請をすれば当日に入金。申請が午後になってしまっても、翌営業日には振り込んで貰えました。

ポイントタウンはこのように確実に報酬を振り込んでくれますし、入金も爆速で、かなり安全なサイトだということがわかっていただけたと思います。

ポイントタウンの安全性評価まとめ

安全度:星5つ

ポイントサイト最大規模の企業が運営しており、安全性はとても高いです。

個人情報保護やJIPCの理事、そして運営会社が上場しているため、詐欺・悪質行為とは無縁のポイントサイトだと言い切れます。

上で書いたように、稼いだ報酬もしっかりと入金されており、間違いなくとても安全なサイトだと評価できます。

以上の点から、安心してポイントタウンに登録して大丈夫でしょう。

登録する方は、ポイントタウン公式サイトよりどうぞ。

※当ページからの登録なら限定ボーナス500ptも付いてくるのでお得です。

特に迷うことはないと思いますが、もし登録の仕方がわからなかった場合は、ポイントタウンの登録方法を参考にしてください。

トップページへ