SSLとTLSって何?

【読むのにかかる時間:約 2 分 25 秒】

キーボードの上にある錠前

SSLは現在多くのポイントサイトで導入されており、このSSLのアリとナシではサイトの安全性に大いに差が出てきます。

しかし言葉は聞いたことがあっても、実はよく知らないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、このSSLが導入されているサイトはどうして安全性が高いのか、ということを軽く解説していきます。

SSLとは?

SSL(Secure Sockets Layer)とは、簡潔に言えばインターネット上で通信を暗号化する技術です。

SSLを利用していると通信データが暗号化されるため、第三者によるデータの傍受や、改ざんを防止することができます。

一番手っ取り早くSSLを使用したサイトかどうかを確認するには、アドレスバーを見ましょう。

SSL(TLS)が導入されている場合はhttpsとなる。

このようにhttpsとなっていれば、SSLが導入されています。ポイントサイトなら基本はログインページや換金ページでhttpsとなっています。

多少セキュリティについての知識がある方はSSLというのは知っているかもしれませんが、実はSSLの最新版であるSSL3.0には脆弱性が存在し、通信データの一部が漏洩する危険性が発見されました。

となると、「じゃあSSLを導入してるポイントサイトも危ないの?」と思ってしまいますが、そんなことはありません。

脆弱性を改善したTLS

SSL3.0に脆弱性が発見されたために登場したのが、TLS(Transport Layer Security)です。

TLSはSSLにあった脆弱性を改善させており、バージョンアップ版ともいえるべき存在になっています。

つまり、SSLよりもセキュリティ上の危険性が低いということになります。

TLS1.2が利用されている。

※TLSの最新版は、Ver1.2です。

そしてややこしいのですが、現在ではSSLという名称が広く普及しているため、TLSは「SSL」とひとまとめに呼ばれることが多くなっています。

ですから一般にSSLというと、現在ではこのTLSのことを指します。

ポイントサイトにおけるSSL導入のメリットは?

まともなポイントサイトならどこでもSSL(もちろんTLSの最新版)を導入していますが、メリットは上にも書いたように、安全性の向上です。

ポイントサイトでは普通、ログインページや換金ページなどでSSL使用の証である「https」を見ることができます。

httpsになっているため傍受されることはない。

上は参考までにポイントタウンのログインページですが、SSLが導入されているのでここで入力したデータは盗み見られたりする心配がありません。メールアドレスとパスワードの安全は守られます。

逆にログインページと換金ページにSSLが使用されていないサイトは、すぐに利用を辞めたほうが良いでしょう。

わざわざSSL無しのポイントサイトを好き好んで利用する必要はありません。

一般サイトなら良くても、お金を扱うサイトなのでセキュリティ面はしっかりしていた方が良いですし、個人情報や口座情報などが盗み見られたときのデメリットを考えると・・・

もしログイン&換金ページにSSLが無いポイントサイトを利用している方は、その点を心に留めておく必要があります。

※当サイトでおすすめしているポイントサイトはすべてSSLが導入されているので、この点はそこまで気にする必要はありません。

セキュリティについてのまとめ

SSLが導入されていればセキュリティは100%安全! ということではありませんが、滅多なことでは問題にならない程度には安全性が確保されます。

万が一暗号化された情報が流出したとしても、その全てが解読される危険性はほとんどありません。

ですからSSLが導入されているポイントサイトなら、安心して利用して大丈夫です。

他に個人情報の流出といえば、人為的なミスによるものもあります。

有名な事件ですが、以前に年金機構の個人情報が流出しましたね。あの事件では、職員が怪しいメールの添付ファイルを開き、ウイルスに感染してしまいました。

このような人為的ミスは利用者の私たちではどうしようもできませんが、見てすぐに安全性が判断できるSSLは、しっかりと確認しておくべきだと思います。

当サイトでは、SSLも含め、セキュリティに不安が残るポイントサイトはおすすめしていません。

セキュリティについての判断が難しいようであれば、当サイトが紹介しているところを選ぶようにしてください。

トップページへ