ポイントタウンのチェックインサービスとは?

【読むのにかかる時間:約 2 分 21 秒】

ポイントタウンのスマホ版には、チェックイン機能というものがあります。

今回は、このチェックインサービスのメリット・デメリットと、チェックインを活用してポイントを貯める方法を解説していきます。

ポイントタウンのチェックインとは?

ポイントタウンアプリで見てから、お得情報を受け取って、お店に行きます。

正式名称はGMOチェックイン。

チェックインサービスなのでPC版ポイントタウンからは利用できず、アプリ版限定のコンテンツになります。

Android版アプリはもちろんのこと、なにかと機能制限が多いiOS版ポイントタウンアプリでも一応チェックインサービスは利用できます。

参考アプリ版ポイントタウンの特徴と評判

様々な業種のお店に行くことでポイントが稼げるサービスです。

チェックイン機能の詳しい内容については、上の2枚の画像を見てください。

簡単に言ってしまうと、ポイントタウンアプリの「最寄りの店舗一覧」に記載されている店に入ることで、GPSで自動的に「来店した」と認識してポイントが貯まるというものです。

※GPSを利用するということは、自分の現在位置情報が送信されることになりますので、個人情報の送信が嫌な方はやめておいた方が良いかもしれません。

店に入っただけでポイントが貯まるなら、かなり嬉しい機能ですね。

しかしやはり一番肝心なのは、普段よく行く店や、有名店なんかはチェックインに対応してるのか?ということでしょう。

以下で、チェックインに対応している有名店を10店舗ほど紹介しておきます。

はなの舞、とり鉄、情熱ホルモン、キムカツ、ヴォーノ・イタリア、自遊空間、メガネハット、デザイアー、ワンズレンタカー、マハラジャ六本木

どうでしょうか?

私としてはあまりピンと来ない店が多いのですが、チェックイン対応店の中ではこれらの店舗は一応有名な部類だと思います。

多くの人が名前を知っているような店はやはり対応しておらず、またチェックイン対応店自体が現状ではかなり少ないです。県によっては一桁しかないことも。

現状では対応店舗が少なく、また名前も知らない店が多いので、積極的に利用できるほどのコンテンツかといえば正直微妙です。

今のところはあくまでサブコンテンツという印象で、たしかに入店するだけでポイントが貯まるというシステムは凄いのですが、今後もっと有名店が増えれば常用しても良いかなーと私は感じました。

とはいえ、普段は行かないような飲食店に行くいい機会にもなりますし、一度自分の地域の対応店舗はどんな感じか確認してみると良いでしょう。

チェックインサービスの利用方法

ポイントタウンアプリを持っていない方は、以下からインストールしておいてください。

ポイントタウンにログインしたら、右上にあるメニューボタンを押すとチェックインというアイコンがあります。

メニュー画面の左下にチェックインアイコンがあります。

メニュー左下のチェックインをタップすると、チェックインサービスが利用できます。

利用方法はとても簡単で、「最寄りの店舗一覧」をタップして、これから行きたい店を探すだけです。

一覧に載っている店ならどこでもOKなので、その中から選んで実際に店舗へ向かってください。

利用上の注意点としては、

  • GPS機能をONにしている
  • BluetoothをONにしている
  • SIMフリー機ではない

これらの条件をすべて満たしている必要があります。

条件を満たしていないと警告が出るので、指示に従ってスマホの設定を行ってください。

ご利用には端末の位置情報(GPS)をONにする必要がございます。

ご利用には端末のBluetoothをONにする必要がございます。

また、店舗によって来店ポイントには結構差があり、都内だと割りと高ポイントの店が多い印象です。

私が見つけた中では、チェックインしただけで5000円ももらえる店があって驚きましたが、どうやらお見合いパーティーをやっている店だったようであえなく断念。

もう一店舗5000円がもらえる所がありましたが、こちらもエステの施術料で30000円掛かるとのことだったので断念。

この例からもわかるように、高い報酬がもらえる店はその分自分の出費も多くなることがほとんどです。実際に店舗に足を運ぶ前に、どのくらいの予算が掛かるのかをちゃんと調べておいた方が良いでしょう。

どうしても貰えるポイントより出費が多くなってしまうことは確実なので、対象店舗の中に普段から自分がよく利用している店があったら使う、くらいのスタンスがちょうど良いのかなーと思います。

トップページへ